<< 「作戦1」からの「作戦2」←コレ続きます。 | main | おじさんの自粛。 >>
私感 + 前回の続きです。
0




    3.11の時の計画停電。
    街灯や信号機でさえも消えてったあの暗闇や、間接的に大切なモノを奪っていったあのクズな政策が僕は忘れられず。
    あれから政府の発表は自分なりに精査して判断していかねば。と当時強く思ったのを思い出します。


    そして今回の「緊急事態宣言」
    私のこの仕事にフォーカスすると、その前から準備していたお店もあったらしく。友人からは「やってんの?」とか「休みー」とか、連絡がありました。


    都内では、お休みを決めたお店もあると。

    ただ「政府発表や発令」などの名目で休んじゃったら延びた時、大義としては合わせて休み延ばすの?的な感じの事を思った訳です。
    政府と都が纏まってない上、今回の発令はタイミングもグズグズで、ご存知の通り現状我々も振り回されてます。
    それこそ「延びない」保証や「2回目、3回目…」も考えられる訳で、到底1ヶ月で終息する事案だとも思えません。


    ただ、大きなお店の経営者の方達がお決めになられた事で、色々お考えがあっての決断だと言う事に、遅ればせながら気付きまして。
    そして僕も、そんな時が来るかも知れない、と。
    小さいお店にいるとどうもソコが見えて無く、前回デリカシーの欠けた文面になってしまいました。そんな経緯で、書き直した次第です。



    もちろん政府や県から「休んで」とアナウンスがあれば、当たり前の事として協力させて頂きます。
    なんだったら出来る業種は問わず全部、閉めちゃったらイイんじゃないかとも思います。
    しかし今現在、自粛要請に入らないと言うことは、逆の観点から社会的経済活動としての「営業の維持を…」と言う事だと、今受け止めております。
    そこにはコロナの対策がより一層重要視され、もちろん他に漏れず僕も丁寧に対策して行きたいと思ってます。




    ですが
    コロナ対策と我々の持つ不安は、別な所にありますよね。
    それは、現状況に地域差と不透明な部分があるからです。




    なのでそんな中、個人的にも
    暗い帰り道に「ポッ」と灯りが点いてる…
    そんな店とかあると美容室に限らず、なんか安心出来るんじゃないかな?と思ったりします。




    「小さなお店の、小さな灯り」




    そんな頼りない小さな燈ですが、街灯として春日部の小さな街や帰り道を少しでも照らす事が出来るなら、その存在の意義は大きいのでは?とか思ってみたり…




    お客様に喜んで頂く、そして社会貢献。
    これは商いの原点ですね。
    加えると唯一、綺麗事が通用する仕事でもあるのが美容室です。



    緊急事態宣言がきっかけでしたが
    「気付き」があり
    そんな事を思ったりしてます。




    今の政府を見てると、
    気持ちと言うかもう少し「ココロ」で動いても良いんじゃないかな!?




    そして、自分は心で動きたい…




    そうありたいなと思っています。




    ………




    な!?




    訳で??




    前回の続きです(´・_・`)笑




    あれほど
    「練りに練って」たメニューを…

    あっさり変えるコトにした、前回。




    「やっぱチキンだよな( ̄▽ ̄)」




    んなコト言いながら、


    今回も230°で


    皮目パリッパリの行くぜーっ!笑




    どやどや?

    イイ感じっ♪




    を?


    バジルソースと


    カレーパウダーで。




    この2つ、
    間違えないっす( ̄^ ̄)ゞ




    んじゃ…で?

    バケットとポークも。




    やはり

    バケットは正解っ♪




    ウインナーも


    間違え…


    ないよ(笑




    心配してた相性も…

    イイ感じっ♪




    な訳で
    あっさりメニュー決定っ!




    工程のマニュアルと
    メニュー展開と大人の計算を

    オヤツ食べながら^ ^




    あとは、

    煮詰めて



    通して



    反復練習だな(´・_・`)




    ここまで長かったわ〜




    あー




    早くやってみたい(笑
    | - | 12:21 | - | trackbacks(0) |
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック